注文住宅のメリットとデメリット

家を建てることは生涯で一番大きな買い物だと言われています。
そのため、万が一失敗したとしてもなかなか買い換える、というわけにはいきません。自分や家族が一番リラックスできる場所、生活の拠点となる場所が住居になるのですから、出来るだけ満足のいく住宅に出会いたいものです。
最近では住むところへのこだわりを持った人々が増えてきています。
そこで人気が高まっているのが注文住宅です。
名前だけは聞いたことがあっても、実際には注文住宅とはどのようなものなのか、どこに頼めばいいのか、建築に関して無知であってもできるものなのか、色々と不安な点が多いという方がほとんどだと思います。
そのため、なかなか踏み込めないでいるという人も多くいるでしょう。
そんな方たちのために、注文住宅とはどういったもので、どんなところに注意すれば失敗せずに済むのかを紹介したいと思います。
注文住宅とは、施主の希望する間取りやデザイン、こだわりなどが反映された住宅のことを言います。
最近は建て売り住宅というものもありますが、これは注文住宅の真逆で、メーカーで一貫して決められたデザインの住宅のことを指します。
どちらも新築住宅としては変わりありませんが、自分のこだわりを持って世界にひとつしかない家に住むか、不便がなければどんな家でもいいと思っているか、その違いでどちらを選ぶかが決まってきます。
今回は、こだわりのある注文住宅についての紹介です。
それぞれのメリット、デメリットから、失敗しないための注意点は何かまで、それぞれ説明していきたいと思います。

TOPへ戻る